検索
  • しあわせ支援隊

女性はお得!お見合い申込殺到^^

こんにちは、「しあわせ支援隊」です


今日は、弊社の相談室にご入会いただいた会員様で、女性会員様が実際にどの様な活動になっているのか深めにお話できたらと思います。


女性会員は驚くほど多くのお見合い申込みが入る


現在、女性会員が多く在籍していますが、その皆さん全員が本当に多くのお見合い申し込みを男性会員よりいただいております。


もちろん個人差はありますが、入会2ヶ月程度で10件以上の申込みです!もちろんその全ての方とお会い(お見合い)している訳ではありません。お申し込みをいただき、お相手の写真やプロフィールを見て検討し、実際にお見合いするかどうかを決める事になります。


正直なところ、会員様に失礼な言い方になりますが、これほど多くのお見合いの申込みがあるとは・・・想像以上でした。


例えば、NNR日本仲人連盟のシステムの場合、その多くの申し込みは県外になりますが、それでもやはり近めの方が多いです。山梨県はもちろんですが、静岡県や神奈川県、群馬県や新潟県などですが、男性会員もなるべくなら近い方でお探しになっているのは確かな様です。


仮に将来結婚に発展した場合、それぞれの実家が近い事は大切な利点となるからでしょう。

そして、弊社が加盟したNMIO長野マリッジ情報機構においても、女性会員へのお見合い申し込みは殺到しています。


こちらのシステムのメリットは、全国の会員も存在していますが、県内同志での成婚に力を入れている点で、当然のごとく長野県内からのお申し込みがほとんどだという点です。


ですから、女性会員として入会する事で、色々なシステムからお見合いのお申し込みが入ってくる訳です。そして1つは近県を中心に、もう1つは県内を中心に、という訳です。


あなたの結婚相手の理想の中で、出身地が多くのウエイトを占めているとすれば、これほどの入会メリットはないと思います。


お見合い申し込みから承諾


さて、多くの申し込みから、その写真やプロフィールにより判断できる事もありますが、それ以外の詳細の情報が欲しいものです。


例えば、所在地が長野県とあります。しかし、長野県といっても大きな面積です。私たちが運営している、ここ諏訪市は、中南信に位置しており、例えばなるべく近隣でのお相手を求める方にとっては、長野県の北信よりも山梨県の方が近かったりします。


あるいは、仕事が自営業とあります。自営と一言でいっても多種多様ですから、将来的に嫁ぐことになるのか?仕事を手伝う事になるのか?どんな自営業をされているのか?とても気になりますよね。


そんな時に便利なのが、この結婚相談室です。それぞれの結婚相談室が、NNRやJBUなどの組織に加盟している点で、相談室や相談所のネットワークが有効利用できるのです。

そうです!私の出番なのですね。


お申し込みをした会員様の所属される相談室の先生にお見合い可否の前に連絡をとり、その方の詳細を確認する事ができます。検索画面上では分からない詳細な情報をやり取りする事で、より安心や期待の元でお見合いへと臨む事ができるんですね。


インターネットの世界で、出会いを提供しているサイトは山ほど存在しますが、簡単なプロフィールがほとんどです。相手の詳細はメールでのやり取りでしか判断できません。


数ヶ月間というメールのやり取りを繰り返しながら、結果、譲れない問題があって発展しなかったケースは頻繁です。


最近になり優良と言えるサイトも増えましたが、年齢や年収以外の点では正確な情報とは言い難い状況は変わっていません。


その点、相談室の場合は、必ずお相手の先生はお相手会員と接見されており、入会の手続き段階で正確な情報も確認できていますから、第三者を通した正確な情報をご本人にお伝えできるんです。


実際にお見合いをする場合に、これほどのメリットはありませんよね。


なので、プロフィールだけでなく、それ以外での情報も元に、お見合いを承諾するかお断りするか選択しています。


申込みが多ければ、お相手に対しての妥協点は減少


そしてお見合いの承諾後に、また相談室の出番です。


お見合いの場所や日時を相談室同志で調整しますから、ご本人の気遣いは軽減されていると思います。そう、相談室にお任せして、実際の当日に赴くことでいいんですね。


お見合いの多くは女性側の近所で行います。稀に地元でのお見合いを敬遠する女性もいるそうですが、それはその旨を相談室に伝えておくだけで解決できます。


単純に、多くの申し込み者から検討する事で、ご自分の理想は明確化してきます。そして私たち相談室も、ご本人のお見合いに対する可否状況で理想像が見えてきます。多くの申込みがもたらす一番のメリットですね。


お見合いには基本的なルールがあります。それは、運営側で考え方が多少違いがありますが・・・


お見合いの時間は、1時間程度

食事は取らず、飲み物程度にする(その際の代金は男性持ち)

当日は連絡先を交換しない

結果(交際に発展??)は翌日までに相談室へ連絡


そして、お見合い終了後にお断りするのか、交際の希望を伝えるかを決めます。


お見合いの終了時点において、経験上ですが、9割の男性は交際を希望します。ですから女性のお気持ち次第と言ってよいでしょう。


まとめ


女性が結婚相談室への入会による婚活を選択することで、多くの方からお見合いの申し込みが来ます。お相手が必ずしも、あなたの理想の方であるとは言えませんが、多くの選択する権利がもらえるのは事実です。


10数件のお見合いを申し込まれても一度もお見合いしない方もいるそうですが、何か譲れない点、妥協できない点があるのかもしれません。長期的では問題がありますが、待つことも許される世界なのかもしれません。



でもやっぱり、お申し込みがある事は嬉しいはずです。

ぜひ、実感してみてほしいですね ♪

37回の閲覧

​しあわせ支援隊

matchmaker

From December , 2016 .  Shiawase Shientai .

info.abe@akinaga.red