​しあわせ支援隊

matchmaker

From December , 2016 .  Shiawase Shientai .

info.abe@akinaga.red

検索
  • infoabe

祝!初投稿


これから私は結婚相談所を開設する事にしました。

詳細はこれからなんですが、どうしてそれを始めるのかというと、とても将来性のある事業で個人事業ながら社会性のあるものと思っているのです。

結婚相談所って『今頃?もう古くない?』『市場規模が小さいから商売にならないよ』『もうたくさんありすぎて今更・・』なんて事を言われそうですが、根拠と自信を持って参入したいと考えています。

友人知人や会社の同僚など周りの人で、独身の方って結構いませんか?私の周りには、いわゆる結婚適齢期みたいな時期が過ぎた?人たちで(だいたいですが、男性で35歳以上、女性で30歳以上)、その半数が独身です。で、その人たちのほとんどが、『いずれは結婚する』『出会いがなかなか無くて・・』と言ってます。

世の中を見ても、確かに時代は晩婚化の流れに変化し、実際に結婚式をされる方も30歳以上は珍しくない様子です。私も20代前半に結婚式の招待(友人で)のピークでしたが、30歳過ぎてもやはり友人での招待が少なからずあります。

結婚が少し遅くても、結婚できたからいいのかもしれませんが、

時代の晩婚化が少子化を生んでいるんです。

最近は生涯結婚しないと決めてしまう女性も多いようです。そんな方達の意見としては、現代の男性が頼りない?もしくは女性が自立できる環境の為?等々ある様ですが、結果として子供を作らない女性が増加している事は問題でしょう。

少子化の問題は、現在増加している高齢者との比率に影響を与え、年金支給の為の税金増加は一般的予想の通りとなるでしょう。さらに地方都市に至っては過疎化にも影響を与えていくことでしょう。

女性の早期の結婚・出産は、少子化対策になりそうです。

結婚は二人でするもの。人口の年齢層を圴一にしていくためには、最低2人兄弟って事が義務かもしれませんね。

そんな義務を押し付けるつもりはもちろんありませんが、若いうちから結婚したいと思ってる人や、結婚したいけど相手がいない人に、その機会を提案したり、実現に向けたアドバイスをする事は微力ながら社会や地域の貢献になるのでは?

ならば、結婚相談所・仲人・結婚カウンセラーを志してみようと。。。。

#婚活結婚相談所メリット

0回の閲覧