​しあわせ支援隊

matchmaker

From December , 2016 .  Shiawase Shientai .

info.abe@akinaga.red

検索
  • infoabe

出逢いパーティーは初心者には不向き??


ブログが少しだけ久しぶりになってしまいました。

さて、2月12日の日曜日に予定通りに出逢いパーティーを開催いたしました。そのご報告をしておきたいと思います。

参加者は最終的に男性が9名、女性が9名となりました。あまりにもピッタリ男女一致となり、“やらせ”があったと思われそうですが、ギリギリになって女性の参加希望が入り、男性1名が当日無断欠席と。。本当にうまい具合に人数が整いました。

今回のパーティーは、前にも話した通り、異性間での連絡先の交換は禁止させていただきました。それにはもちろん理由があります。一つは、特に女性ですが、安全・安心な出逢いをしていただきたいからです。その場の勢いで連絡先を伝える事で、その後のトラブルに発展することは決して珍しくありません。それは男性の立場からでも起こり得ることです。それを回避したいからです。

もう一つの理由は、単に参加メンバーの中で選んでしまっていないか?ということです。というのも、今回は50人や100人規模のパーティーではありませんから、必ずしも自分の理想に近い方がいるとは限りません。しかし、特に男性はその中で「とりあえず」的に選んでしまう部分があるように思います。実際、今回のパーティーでも、最後に「気になる方」や「もう一度会ってお話したい方」を選んでいただくと、男性は9人中8人が、どなたかを選択していました。それに対し女性は9人中3人だけで、残りの6人は未選択でした。

ですから、お相手の連絡先をゲットしたいお気持ちはとても理解していますが、一度ご帰宅されて冷静になっていただき、それでも会いたい方なのか考えていただくのが大事だと思っての禁止としました。

パーティーの内容は

では、そのパーティーの流れですが、まずは男性が待つ会場に女性が入場。そしてお一人づつ自己ピーアールを兼ねたご挨拶。そして、グループに別れてのテーブルトークです。

このテーブルトークですが、当初の予定人数は10名だったので、2名様づつに別れていただいて、男女2名づつの予定でしたが、実際は9名になってしまい、1名になるのは可哀想で、1組だけは3名にさせていただきました。そうすると、3名対2名のテーブルができてしまった訳です。お話の時間は、テーブルごとに約10分間という具合です。

パーティー後、ご参加いただいた皆さんからご意見ご感想をいただきましたが、このテーブルトークは今回の反省点のひとつです。次回は対面式トークに工夫が必要です。

さて、その後は皆さんで食事をしながらのフリータイムでした。円卓を3つ用意し、立食としましたが、男女が混ざる形で自然に別れていただき安心しました。ただ、ずっと同じメンバーで移動が少なくなっていました。よく言えば、気に入った方とお話を続けていたのかという感じです。

そして、最後は『告白ターイム』の予定でしたが、女性陣のご意見を採用して中止。急遽、気になったお相手の確認とさせていただきました。

ご参加いただいた皆さん、誠にありがとうございました。そして大変お疲れ様でした!

後にいただいたご意見の中で、プロフィールカードなどの提示がなく、お相手のことがよく分からなかったので話題が難しかったようです。こちらも反省点なのですが、やはり、必要な情報は最低限用意するべきでした。

ただ、これは個人的な意見なのですが、何も知らないから質問がいっぱい出てきて、話題も広がっていく。趣味や仕事が事前にわかっているのは逆に話題を狭くしている気がしました。例えば恋愛もそうですよね?興味関心を抱いた相手の趣味はなんだろう?と気になっていて、確かめてみたら、それが一緒だったらラッキーみたいな、そうでなければ、それを理解しようと必死になったりと。何も知らないことの方が、いろんなきっかけになるような気がしています。

でもたくさんのご意見、本当に参考になりました。

勝負はこれから!

今回、パーティー終了ののち、男性1名と女性3名からもう一度お会いしてみたい方がいるのでとご依頼がありました。男性は終了直後の連絡でした。

電話をくれた最初の男性は、今回のパーティーのシステムに問題があったのかな?私との話が食い違いがあったようで、すいませんでした。残念ながら、進展はありませんでした。

女性3名は簡単なプロフィールをご記入いただき、改めて男性に連絡させていただきました。もちろん男ですから、女性に会いたいと言われて嬉しくない人はいないと思います。男性にもプロフィールの承諾をいただき、これからいよいよ再会となります。これからが楽しみです。

このプロフィールですが、実はある意味テストなんです。テストと言っても成績はありませんが、実際に結婚に対して考えていることや、お相手に対して抱いていることが発見できればということなんです。そして、安心の確保です。正式な会員ではありませんが、しあわせ支援隊として、お相手との再会を準備する以上は、私が推薦できる方であることが望ましいからです。おせっかいな仲人役なんです。

会いたい人とではなく、私との接見なんて二度手間三度手間なんですが、安心して再会できることをお約束します。きっと再会の喜びも増すと思いますよ。

それからは、もうお二人のお気持ちです。連絡先の交換はもちろん、次の約束もしてください。二人を本当に結びつけるのは、お二人にしかできませんから。

ただ、これで卒業みたいな感じも寂しいので、進展具合は報告してほしいですね。もちろんご相談も聞きますよ。

#お見合い出逢いパーティー

0回の閲覧