検索
  • infoabe

出会いパーティーの開催について感じる


何度もパーティーに参加するより、入会の方が安い!

みなさんが、このブログを読んでくれているのは、そのほとんどの方が婚活されているか、今実際として興味があるんだと思います。

当「しあわせ支援隊」は結婚相談室ですから、会員としてご入会いただくことで、優先的かつ親身にあなたの結婚をサポートしていきます。

パーティー派が未だに多い。。

ですが、どうしても入会することに抵抗を感じている方がほとんどなのが現実です。

「結婚相談所には入りたくない・・」

「そこまでいくことが、恥ずかしい・・最後の砦??」

「周りの目が気になるし、知っている異性が入会していたら嫌・・・」

などなどと、お話を伺うのですが。

現状では、結婚したいから、あるいはパートナー(お相手)を見つけたいと感じた時の手段は、近郊で開催されているお見合いパーティー・出会いパーティーの参加の方が圧倒的なのです。

私はと~っても疑問符なんです。

確かに、世の中には結婚相談所に対する世間のイメージを悪化させているであろう相談室も存在し、そんな所への入会で、ある意味詐欺まがいな行為を受けたであろう方に対しては、大変残念なことで、同業としては申し訳なく感じているのですが、真剣に婚活の支援に取り組む相談所が多いことも事実です。

仮に相談所のイメージが悪くても、パーティーならってことも不思議じゃないですか?大抵の方がパーティーの参加にもすでに抵抗を持っておられる様子ですし、周りの目のことを挙げたら、一番危険な環境に足を踏み入れているように思う所もあります。

以前も話したかな?そもそもパーティーの参加に、いくら費やしてきているんでしょうか?

最近は女性の参加費は、安いものが増えてますが、それでも平均で千円~2千円程度の出費はあると思います。男性に至っては、平均5千円を上回る金額を出費されているはずです。

で、その成果はどうなんでしょう?

相談所が開催している目的

では、本来結婚相談所としての役目を担い運営している個々の相談所が、なぜパーティーを開催しているのでしょう?

いわゆる日本全国にある連盟や組織として運営している場合は、そのパーティーの参加者とは基本的には会員が対象です。

行政が主導で行うパーティーは、目的が人口減少や少子高齢化対策の一貫での対策です。また、その行政より認可?を受け補助金を得ながら開催している団体もあります。このようなパターンは首都近郊では希です。

全国展開でパーティーを企画運営するものは、その補助金もあるかもしれませんが、多くの収入は各パーティーの参加費でしょう。

そんな中で、長野県内においての結婚相談所が開催するパーティーの目的はなんなのか?です。もちろん容易な出会いの提供ではあるのですが。。

私個人の相談室からの意見としては、パーティーやお見合いなどの集客イベントは、婚活へのきっかけづくりという位置付けです。正直な所を言えば、パーティーやイベントは数多く出席することが理想とは言えません。できる事なら、パーティーの参加により、視野を広げ、婚活することがごく自然とできる世の中になって欲しいと思います。もっと多くの人が婚活のための行動に移れずに月日を重ねているとしたら、それはとても寂しいことだからです。本当に自分のパートナーを見つけようと思うなら、別の何かで行動を起こさなければ。。。

世情としては、首都圏などのパーティーでフリー(非会員)での参加はできず、パーティー参加と同時に入会を必要とすることが当たり前です。しかし、その状況を地方の県内では受け入れられないのは、行政主導のパーティーが多いからです。

パーティーでの成婚率ってご存知ですか?

これは、あくまで行政主導や会員制ではないものの事ですが、ある市町村の統計では過去の企画パーティー参加者に対して、実際に結婚した率は1割にも満たない、0.02割だそうです。この数字を見ると参加人数は男女合計で、結婚は2人で1組ですから、1,000人に1組が誕生したという計算が成り立ちます。

驚き!の数字ですが、これが現実です。パーティーが終わりに近づき、マッチングする方はとても多いんです。でも結果としては続かないのが現実です。何度となく参加されてきた方なら、その現実はご存知でしょう。

当相談室も一般向けのパーティーやお見合い会と称した企画で開催してますが、この半年で、結婚または交際の継続は存在していません。

驚き!と言いましたが、結婚相談室のカウンセラーとしては、正直「だろうね・・」が本音です。

結果として、多くの独身男女はパーティー参加にも嫌悪感を抱き、婚活に諦めを覚えてしまっている。それはとても残念でなりません。そんな結果だからでしょう、一部の行政主導の団体も企画を変えてきています。

安易な出会いの場という表現ではなく、何かのイベントやサークル的活動にシフトし自然な繋がりを演出しようとしている様子です。少し遠回りな婚活ですが、考え方やその行動には賛成です。

婚活のステージはたくさんあります。回を重ねるパーティーと費用的にも大差がありません。なんとか、悩める独身の人たちに活動の復活を促したいと。。。

#お見合い出逢いパーティー

0回の閲覧

​しあわせ支援隊

matchmaker

From December , 2016 .  Shiawase Shientai .

info.abe@akinaga.red